INTERVIEW

現場に変更は付きもの。
だからこそ全力で
事前準備に取り組みます。


[施工管理]O・Y

PROFILE
入社年度:

7年目

部  署:

技術部施工管理職

経  歴:

大学院を卒業後、新卒で入社。
趣味はジムで筋トレすること。

設備施工の司令塔として
現場をまとめる

建物を機能させる上で欠かせない空調・給排水・換気・防災などの設備、これらの施工を取りまとめるのが施工管理の役割です。現場に合わせた施工図を描き、工程に合わせて修正を加えていくのも仕事の一つ。建築監督より受け取った平面的な図面に対して想像力を働かせながら立体的な図面へと落としていきます。

計画通りに収められるかというプレッシャーと遂行した時の安堵感の繰り返し感じながら行っています。

「段取り八分」の精神で
準備に全力を尽くす

建築現場は天候やお客様の都合などで、工期やスケジュールにズレや変更が発生することが少なくありません。準備をおろそかにしたわけではないのですが、都合により発生した後からやってくる苦労をいままで何度も経験してきました。

だからこそ施工管理の仕事は「段取り八分」、このひと言に尽きるといっていいかもしれません。案件が始まる前の準備段階で施工図を完成させるなど、スタート時に全力を注いで準備します。そうすることで多少のトラブルも余裕を持って対応することができるんです。

早く信頼関係を築くことで、
より円滑な進行が可能に

施工図の用意もシミュレーションも施工前の数ある準備の一つですが、もっとも大切なことは関係者とのコミュニケーションです。

一つの現場にはさまざまな業種の職人さんが出入りしていて、少しでも悠長に構えていると設備のことはお構いなしに工事が進んでいきます。

そうならないために、顔合わせの段階から自分の役割や考え方、もっといえば人間性まで工事関係者に分かってもらう必要があります。信頼関係を早い段階から築くことができれば、施工中に何かあっても相談しやすいですし、また向こうから相談しにきてくれるようにもなります。

ONE DAY SCHEDULE

1日の流れ
7:30   出社 朝礼前に今日やることを把握するために少し早めに出社しています。段取りが大切なんです。
8:00   朝礼・関係者打ち合わせ
9:00   現場管理 施工管理は現場で作業することはありませんが、トラブルはないか常に気を配るように心がけています。
12:00 昼休み(昼食)
13:00 昼礼・現場管理
17:00 施工図見直し・事務 夕方は書類作成やメールチェックなどの事務作業と、施工図の見直しです。明日の準備が終われば退社します。
18:30 退社

FAVORITE

鈴木産業のここがいい!

福利厚生のジムを利用して
仕事もプライベートも充実

現場が始まると終わるまでの4~5カ月間はそれなりに忙しいです。人にも寄りますが遅くても7時には退社できるのであまり残業はありません。仕事帰りは福利厚生で利用できるスポーツジムに行きたいので早く帰るようにしています。

思い切り運動してサウナで汗を流して家に帰ればあっという間に夢の中。翌日もスッキリした気持ちで仕事に臨めます。

INTERVIEW INDEX